園長先生と呼ばれて
2009/05/21

 新しい年度が始まり一ヵ月半が経ちました。新入園児も元気に遊ぶ姿が見られます。今まで副園長でしたが、「副園長先生」と呼ばれることはほとんど無く(言いにくいのもありますが・・・)、子どもからは「先生」あるいはなぜか「先輩」と呼ばれることがほとんどでした。年少組の子どもは初めて覚えるので園長先生と何度も声をかけてくれます。年長組年中組は言い直したりする姿が見られ、子ども達のそのような姿を見るたびにしっかりしなければと思うのと同時に、笑顔で声をかけてくれるのがとてもうれしく思えます。園長職になりましたが、これからもなるべく子ども達に接する機会を増やしていきたいと思っています。



気がつくと[ 2008/10/03 ]
一学期が終わりました。 [ 2009/08/11 ]
TOPに戻る